子どもいる自宅での喫煙制限、小池新党が公約で条例検討

yahooニュースで話題になっているこれ。
まぁはっきり言ってタバコ吸わない自分にとっては全く関係のない話だけれど、これどうなんだろうか。
というのも何を気にしているかというとカフェを開く際に全席禁煙にするかどうか。

今回のこの話題は家庭内にまで踏み込んでいるから問題であり、もともとは東京オリンピックがあるから喫茶店含む場所では基本的に全席禁煙にしようというのが始まりだったと思う。
実際に今までオリンピックを開催した場所の飲食店では、ほぼすべてが禁煙っとなっていた模様。

確かに昔から百害あって一利なしレベルでタバコは悪いと言われいている。
実際に吸う人よりも周りで煙を吸っている副流煙の方が問題になっているのも事実。

でもなんでもかんでも悪としたり、規制規制というのがどうにも腑に落ちない。

世の中メリットデメリットがあって
禁煙制限をすることで確かに健康的には近づくけれどタバコ産業=タバコを売って生活している人々はどうするかという問題
そしてお店も同じくタバコを吸う人は当然禁煙の店にはなかなか来づらくなる=お店の売り上げが落ちる可能性もあるということ。

まぁこれから議論がいろいろなされていくんだろうけどなんというか。それよりももっと早く議論しなければいけないことがたくさんあると思うんだけど。


スポンサードリンク




どうでもいい野次を国会で飛ばして共謀罪を通している場合ではないわけなんですけどね。

まぁ共謀罪に関してはまたどこかで書きましょう。

ちなみにヤフーのコメントの方ではそこまでする必要はないという意見が多くある形です。
まぁ当然と言えば当然のことで。

もっと人気取りのような政策ではなくしっかりとした政策をしていただきたいものですな。

というわけで結論
全席禁煙なんかにしたらカフェ開いた時に仲良し先生がこれなくなるよという話凹〇コテっ
以上。何かのお役にたてば光栄です。
お手間でなければブログ継続のために
ランキングボタンを押していただけたら嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村